☆恋人たちとチーズ④/「恋は盲目!」羊飼いの恋愛パワーがうんだ神秘のチーズ「ロックフォール」

こんにちは。良縁カウンセラーのつづきひろこです。

新年度がスタートして1月…

 

職場や学校や新天地で新しい出会いを経験された方、習い事などをきっかけに、

意外なご縁に恵まれている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

人のご縁とはひょんな所~発展していくから不思議です。

ましてや、それが男女の恋の始まりであるならば…

 

今回は、恋に目が眩んだ羊飼いの偶然からうまれたチーズ「ロックフォール」について

松本順子先生がお話し下さいます。

 

「今さら恋なんて…」と現実的になりすぎた皆さん、

神秘のチーズに力を借りて、羊飼いのような純粋な気持ち、

恋するパワーを思い出してみませんか…

チーズ倶楽部AKARI-YA (マツモトジュンコ)

今回ご紹介するチーズは「ロックフォール」というフランス産ブルーチースです。

原料のミルクは羊。ちょうど今頃が生産の最盛期です。

 

ロックフォールはフランス最古のチーズで、2000年の歴史があると言われています。

このチーズの誕生にはひとつの恋がきっかけになったという伝説があります。

 

ある日若い羊飼いが好きな少女を見かけ急いで追いかけました。

その時羊飼いは洞窟にパンとチーズを置いたまま。

 

後日洞窟へ戻りチーズを見たらそこには青カビが…

 

それを食べてみたら…美味しかった!

 

これがロックフォールの始まりと伝えられています。

 

今も伝説同様ライ麦パンを使い青カビを採取し、

自然にできた洞窟で最低3ヶ月熟成させるという神秘的なロックフォール。

 

2000年前の恋の行方もわからぬまま伝説は語り継がれていますが、

それもまたロックフォールの魅力なのかもしれません。

 

カテゴリー: 恋人たちとチーズ パーマリンク